オリゴ糖とは

ダイエットに有効な甘味料として、大きな注目を集めているオリゴ糖。
学術的な説明だと、「単糖類同士のグリコシド結合で結合した化合物の中にあって、比較的少ない分子量で形成されている物質」という定義になります。
これだけ読んでも、なんだかよくわからないという人が大半でしょう。
わかりやすくいえば、糖分を有する物質が組み合わさってできた物がオリゴ糖です。
たとえば、砂糖も実はそういった物質だったりします。
砂糖の場合は、いわゆる「二糖」と呼ばれる物であり、小糖類ノチラックの一種に含まれています。

オリゴ糖は基本的に三糖以上、3つ以上の単糖が結合している物を指しますが、場合によっては二糖類もオリゴ糖と称する事があります。
要するに、複数の単糖が統合した物はオリゴ糖と呼ぶという事ですね。
そういう意味では、砂糖もオリゴ糖といえなくもないですが、通常は分けて考えます。
多くの場合、「オリゴ糖は砂糖の親戚」として解説されているようです。

基本的に、オリゴ糖は糖類なので甘いです。
甘味料なので当然ではありますが、砂糖と同じような甘さを持っています。
ただし、甘さの度合いは砂糖ほどではありません。
オリゴ糖の種類によって甘味度は異なるのですが、総じて砂糖以下となっています。
その分カロリーは控えめで、これが「オリゴ糖はダイエットに有効」と言われる所以となっています。

また、オリゴ糖は天然の食物の中に含まれているケースもあり、それを天然物として抽出したり、人工的に生成したりと、様々な製造方法があります。
非常に多くの顔を持っている甘味料。
それがオリゴ糖です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です